鳥取県 境港市

人気急上昇中!深い地元愛に支えられた 境港市の紅ズワイガニ 鳥取県境港市の地元の人は、サカイミナトのことをサカエと呼び、長きにわたり漁師町として愛されている。目下の注目は紅ズワイガニ。さらに近年では“妖怪の街”としても知られるようになった。美味しさと魅力を蓄え、港町に冬が来る。

イメージ境港センター冷蔵 森 俊之さん

鮮度にこだわって仕入れ加工! 紅ズワイガニのみずみずしい味わい

日本海に面した境港市の漁港は、海産物の加工場が数多くある。なかでも活気があるのが、紅ズワイガニの加工場。そのおいしさが話題で、近年注目されているのだそう。

「最近は関東や九州でもお引き合いをいただくことが増えました。いわゆる本ズワイガニが不足していて価格が高騰していることが原因のひとつですが、紅ズワイガニがおいしいということがわかっていただけたのも大きいと考えています」

境港センター冷蔵の森 俊之さんは教えてくれた。西日本の市場や問屋を中心に様々な土地で営業を行う。食べた感想をダイレクトに得られる立場だからこそ、自信を持ってそういえる。

イメージ

実際にゆでたてをいただくと、プリッとした食感と、みずみずしい舌触り。口の中に広がる香りとうまみ。指名買いする人が増えていることに、なるほどという感想を得た。

「うちの強みは、地元の河岸で毎朝直接カニの鮮度を見て買い付けていることです。カニ漁は1週間程度船が出て戻ってくるので、どうしても競りに出すものには鮮度にバラツキが出るんです。安定しておいしいものを提供するため、常に新鮮な原料を厳選することにこだわっています」

環境にも気を遣って。 “地元愛”で、工夫を凝らす。

「タラバガニやズワイガニ、毛ガニなど、カニの種類にこだわる人は多いですが、紅ズワイガニのおいしさを全国の人に知ってもらって、指名で買ってもらえることが目標ですね」

そのために、ふるさと納税の返礼品にも力を入れている。

「一番好評をいただいているのが、紅ズワイガニの脚肉・爪肉のセットです。また本ズワイガニよりもカニミソの味にえぐみが少ないんです。そのおいしさを楽しんでいただくために、カニミソの上に脚肉を乗せた甲羅盛りもおススメですよ」

イメージ

おいしい反面、まだ紅ズワイガニの知名度は低いため、出荷量はそこまで多くないそうだ。

「水産資源を守るマリン・エコラベル・ジャパンという認証を取得していまして、禁漁期間を2ヶ月に定めたり、小さいカニを逃がす仕組みにしています。そうしていかないと、いつかは資源がなくなってしまいますから」

地元に根ざし、地元を愛する企業ゆえのこと。余談だが森さん、“地元愛”が高じてか、プライベートではこんな活動も…。

「甲殻武装紅ズワイガーというご当地ヒーローをやっていまして。もともとヒーローが大好きで、以前には三地直装イワシマンというのもやっていたんですが、紅ズワイガニの仕事をさせてもらっていることもあるし、自治体ともコラボをすることで、地元が盛り上がるんじゃないかと思い、始めました(笑)」

イメージ境港市総務部 木村 哲さん

新たな観光資源が誕生。 境港は人を引き寄せる街に

紅ズワイガニのほかに、10年ほど前からはクロマグロの漁獲量も増えてきたという。イワシも有名だ。また甘みの乗った白イカも絶品なのだそう。

そんな海産物に加え、境港は『ゲゲゲの鬼太郎』などで知られる漫画家の水木しげるさん生誕の地としても知られている。市の中心部にある水木しげるロードは、キャラクターのオブジェがそこかしこに。行政の呼びかけに答えて、地元の人たちが率先してお土産店を出し、ボランティアの妖怪キャラクターが闊歩する。地元への思いを感じずにはいられない。

イメージ

「境港市はふるさと納税でも、『来年度の返礼品を募集します』と公募で呼びかけるんです。各企業さんがいろいろな商品を出してくれるので、その熱い思いはすごく感じますね。ただ思いが強すぎて、業者さんにちょっとアドバイスしたりすると『それはできん』と言われたりするんですが(笑)」

こう語るのが、境港市総務部の木村 哲さん。ANAとの取り組みを通じ、市内にある米子鬼太郎空港空港からの集客にも期待を寄せる。

「かつては漁港だけで、観光という側面はそんなになかったんですよ。空港もフェリーも来ますから。観光資源が増えたことで、海産物を食べられるお店も増えました」

食べてよし、見てもよしの土地となった。ふるさと納税で興味を持ってお越しの際は、歩きやすい服装と、お腹をすかせておくことを強くおススメしたい。