島根県 浜田市 Hamada, Shimane ANA FURUSATO  Payment of taxes

深い地元愛に支えられた 浜田市の、のどぐろ一夜干し

浜田漁港の背後にある丘の上には、湾内を一望できる展望台がある。そこからの光景は美しい。瀬戸ヶ島と港を繋ぐ浜田マリン大橋が見事な弧を描き、行き交う漁船が残す波あとがきらめく。人の営みと自然が織りなす港の景色を、この先も守ろうとする人々の志を追った。
SCROLL
イメージ
浜田市産業経済部 井上 隆嗣さん 浜田市産業経済部 木戸 克己さん

浜田市が全国に誇る、 おいしい「どんちっち」とは?

高級魚として知られるのどぐろは、日本海に面した島根県浜田市でよく捕れる。リアス式海岸には漁港が広がり、内陸に目をやると棚田が広がる。実にのどかな土地だ。

「ぜひ召し上がっていただきたいのが、のどぐろの一夜干しですね。うま味がギュッと凝縮されて、おいしいんですよ」

こう語るのが、浜田市産業経済部の木戸克己さん。のどぐろ、アジ、カレイの3品目は、地元で「どんちっち」と呼ばれ、ブランド海産物として珍重されている。

「このあたりは潮目がよくて、脂の乗りがバツグンなんです。本当においしいですよ。東京の百貨店の生鮮コーナーでも、浜田産の魚は高級品として扱われていることが多かったですね」

イメージ

同じく産業経済部の井上隆嗣さんはこう教えてくれた。井上さん、実は以前に関東に住んでいたそう。当時は浜田産の海産物を見るたびに、嬉しく感じていたとか。

「もちろん漁業だけじゃなく、棚田でとれたお米もおいしいんです。山ではスキー、海では海水浴、古城に水族館など、レジャーも充実しています。石見神楽も見られますよ。そんな魅力を知ってもらう窓口を少しでも増やしたくて、ANAのふるさと納税に参加することを決めました。また地域活性化への取り組みにも共感しました。浜田市をいろんな人に訪れていただき、第二のふるさとだと感じていただけたらありがたいですね」(井上さん)

イメージ
株式会社シーライフ 専務取締役 河上 清貴さん

大阪から島根に帰郷。 浜田市の水産業を支えるために

「浜田に大学がないものですから、大阪の大学を卒業後、就職も大阪で。呉服関係の会社に就職して4年経ちましたが、ふるさと納税が盛り上がり、実家の会社も忙しくなってきたので、この4月に手伝いに戻ったんです」

のどぐろの一夜干しや缶詰など、海産物の加工を手がけるシーライフの河上清貴さんは言う。結婚のタイミングも重なり、父親の会社を手伝うために浜田市に戻った。井上さん同様、ふるさとで再び歩みを始めたひとりだ。ふるさと納税が地元に人と活力を呼び戻した好例といえるだろう。父親の清志さんは語る。

イメージ

「問題はやっぱり事業継承です。やはり過疎化などで事業が成り立たなくなっていくところも多いですから。2割程度しか後継者がいないという試算もあって、行政が小型の企業合併をサポートしているような状況なんです」

シーライフでも積極的に従業員の雇用を行うなど、地元の産業維持に努めているとか。訪れたこの日も、20人ほどの従業員が干物づくりに精を出していた。

「また地元の産品を積極的に製品化しようと取り組んでいます。地元の浜田水産高校の学生さんが考えたのどぐろふりかけは、これまで60万本の大ヒットになっています。地元の産業の新しい機軸を作れたらと考えています」(清志さん)

イメージ
株式会社シーライフ 代表取締役 河上 清志さん

全国から注文が殺到する 大人気の、のどぐろの一夜干し

「どんちっち」の中でも、のどぐろはもっとも脂が乗った魚だ。うま味も強いが、加工品にすることで、さらに味わいがよくなるのだという。

「調味料とすごく合うんです。だから刺身や生を焼き魚にするより、煮物なんかにした方が引き立ちます。もちろん干物もバツグンですよ。うま味をギュッと凝縮して塩を合わせることで、絶品になりますから」(清志さん)

イメージ

その味は食べる人を魅了する。干物にする工程で余分な脂は落ち、フワッとした口ほどけの身に。そして淡泊な白身とは思えない濃密な味わい。リピーターも非常に多いという。

「ふるさと納税での引き合いが多いですから。去年の今ごろは増産を繰り返して、新規でのお引き合いを断らざるを得ないくらいでした」(清志さん)