ANA

Hiramatsu × Takashima,Shiga ANAのふるさと納税Hiramatsu × Takashima,Shiga ANAのふるさと納税

Hiramatsu
Hiramatsu

丁寧に育て上げた地域の食材を使用して、ひらまつのシェフが
世界にひとつだけの料理を捜索。

丁寧に育て上げた地域の食材を使用して、ひらまつのシェフが世界にひとつだけの料理を捜索。

Vol.1 滋賀県 高島市 Takashima, Shiga
Vol.1 滋賀県 高島市 Takashima, Shiga
イメージ

雄大な山々からの雪解け水により、琵琶湖に注ぐ約3分の1の水を生み出す高島市。湖の中の鳥居が印象的な白鬚神社は日本遺産の構成文化財として選ばれています。また、重要文化的景観に3つの水辺景観が選定されているほか、さまざまな日本の百選に15ヶ所が選ばれるなど、豊かな水と自然あふれるまち。高島市が屋号のルーツである「髙島屋」のバイヤーが選んだ「恵み」をふるさと納税の返礼品としてお届けしています。

イメージイメージ

Foods アルジェントの料理長「鈴木 健太郎」が食材を吟味Foods アルジェントの料理長「鈴木 健太郎」が食材を吟味

イメージ
料理長 鈴木 健太郎 Kentaro Suzuki料理長 鈴木 健太郎 Kentaro Suzuki

「サンス・エ・サヴール」(東京・丸の内)、「ブラッスリー ポール・ボキューズ 大丸東京」(東京・丸の内)で研鑽を積んだ後、2016年9月より「アイコニック」(銀座)の料理長として腕を振るう。2019年1月、「アルジェント」の料理長に就任。食材同士がそれぞれの味を高めあう掛け算の料理を得意とし、“独創的”を意味するイノベーティブな料理を通して、「日本の美味しさ」を表現し続けている。

Takashima,Saga Tanbo maiTakashima,Saga Tanbo mai

イメージ
たかしま生きもの
田んぼ米
たかしま生きもの 田んぼ米

淀川水系の豊かな水を利用し、化学農薬・化学肥料不使用で生物の多様性を大切にしながら作ることにこだわったお米。食感や甘み・旨みのバランスが良く、薫りかぐわしい逸品。高島市の返礼品ランキング上位に輝く人気の品です。

イメージ
【生産者を訪ねて】

自然の力でお米を育てる。当たり前のことなのですが、大変な苦労が伴います。収穫率も落ちるし、手もかかる。それでもなお、“このお米を作りたい”という生産者さんの強い想いで育まれたお米は1粒1粒がしっかりとしていて旨み、甘味が詰まっています。

Takashima,Saga Haginotsuyu  junmai ginjo satoyamaTakashima,Saga Haginotsuyu  junmai ginjo satoyama

イメージ
萩乃露 純米吟醸 里山

滋賀県で唯一「日本の棚田百選」に選ばれた地元高島町にある「畑(はた)の棚田」。その美しい棚田で収穫された「こしひかり」で造られた純米吟醸酒は、やさしい甘みと華やかな吟醸香が漂います。味わいは透明感があり、後味は爽やか。飲みやすくもキレがある、バランスの良い日本酒です。

イメージ
【生産者を訪ねて】

「里山」はのど越しが良く大変美味しい日本酒ですが、力強さや香りもしっかりと主張しているため、料理の味わいに深みを持たせるのにも最高だと感じました。マロングラッセを食べた時の鼻に抜けるラム酒のように、里山が香る栗リゾットなど、インスピレーションがどんどん湧き上がる日本酒です。

Takashima,Saga MushroomTakashima,Saga Mushroom

イメージ
きのこ

廃校になった小学校を活用して栽培される菌床きのこ。肉厚で味の広がりあるしいたけ、コリコリと生本来の食感を楽しむことができるきくらげ、栄養豊富で風味豊かな珍しいはなびらだけなど、香りが良く味が濃いと人気です。

イメージ
【生産者を訪ねて】

広々とした校内でストレスなく育ったきのこはどれも元気いっぱい!生のきくらげは乾燥のものとは違い、食べた時に透明感を感じます。はなびらたけは部屋いっぱいに芳しい香りが広がるほどの濃厚さ。椎茸も肉厚でジューシーです。それぞれの味わいがしっかりしているからこそ、一緒にソテーすることで個性が引き立ち、味に立体感が生まれます。

Takashima,Saga ChestnutTakashima,Saga Chestnut

イメージ

東京ドーム約12個分の栗園に、2万本の栗の木がずらり!昭和40年代から栽培が始まった県内最大の栗の生産地、マキノピックランドでは秋になると辺り一帯に大粒の栗が実ります。大きいものでは1粒が50gほど。減農薬農法にも取り組むなど、滋賀県こだわりの逸品です。

イメージ
【生産者を訪ねて】

広大な敷地に右を見ても左を見ても栗!複数種が栽培されているそうですが、見学した栗木にはどれもとても大きな栗が実っていました。マキノピックランドの栗はどれも大粒で、火を入れるとしっとりとしていて甘い。減農薬農法で栽培されているので、安全に楽しめることも嬉しいポイントですね。

Takashima,Saga Komochi ayuTakashima,Saga Komochi ayu

イメージ
子持ち鮎

安曇川の伏流水を引いた広い池で育てた鮎は、天然物にもひけをとらない香りと味わいが自慢。鮎そのものの味わいを堪能するシンプルな素焼き、明治13年から続く秘伝の技でこっくりと炊き上げた甘露煮など、鮎池元吉本の100年続く美味しさをご堪能ください。

イメージ
【生産者を訪ねて】

このサイズのものはここにしかないという、大変貴重な子持ち鮎。天日干しにしたものを軽く炙って食べるとそれはもう絶品!伝統の技で炊き上げた甘露煮は、口に入れた瞬間に驚きが溢れるほどの美味しさでした。優れた食材だからこそ、フランス料理に仕立ててもしっかりとその味わいが生きる。本当に日本が誇る技と美味しさですね。

Takashima,Saga Omi beefTakashima,Saga Omi beef

イメージ
近江牛

琵琶湖畔の豊かな大地で育った近江牛は、きめ細かくなめらかな肉質やしつこさのない甘い脂が魅力。江戸時代から現在に至るまで、将軍家への献上品や宮内庁の御用達牛肉として選ばれてきた近江牛は、まさにハレの日にふさわしい上質なお肉です。

イメージ
【生産者を訪ねて】

言わずと知れた近江牛。その中でもこの“宝牧場”は素晴らしい環境の中、仔牛から育てているため病気が少ない。それはつまり薬を極力使わないということを意味します。私の持論ですが、健康な牛は赤身がおいしい。だからこそ、しっかりとさしが入っているにも関わらず脂っこさがなく、むしろ甘みと旨みをしっかりと感じることができるのです。

Cuisine 厳選した滋賀県高島市の食材を使用した一品料理Cuisine 厳選した滋賀県高島市の食材を使用した一品料理

Suprême de volaille de hirako en croûte  d’herbes et son jusSuprême de volaille de hirako en croûte  d’herbes et son jus Viande
近江牛の炭火焼 日本酒香る栗のリゾット
子持ち鮎のトリュフラグーと茸のソテー
近江牛の炭火焼 日本酒香る栗のリゾット子持ち鮎のトリュフラグーと茸のソテー

旨みを閉じ込めて焼き上げた最高級の近江牛、鮎池元吉本の「素焼きの子持ち鮎」の出汁で贅沢に炊き上げた「たかしま生きもの田んぼ米」は、吟醸純米「里山」をしみ込ませた栗を加えてリゾットに。トリュフのラグーソースで再度炊き上げた「子持ち鮎の甘露煮」は、トリュフの芳醇な香りが口いっぱいに広がります。「たかしまきのこの学校」で収穫された茸が食感も楽しい、高島市を味わい尽くす一皿です。

※こちらのお料理はレストランで提供しておりません。

イメージ
イメージ
イメージ
アルジェント
イメージ
アルジェント

大人の街・銀座に佇む「アルジェント」。光と影のコントラストが美しいシックでモダンな空間で供されるのは、フランス料理の伝統や古典の枠を超え、シェフ鈴木のアイデンティティを通じて日本の美味しさを表現した極上の数々。さりげなく配されたクリスタルのオブジェや大理石が美しく輝くダイニングで、日本が誇る素晴らしい食材で創り上げる極上の美食ストーリーをお楽しみください。