プロが選ぶ返礼品 上質な、日本の洋菓子 日本独自の発展を遂げた洋菓子たちが集まるANAのふるさと納税の返礼品選びは、甘く悩ましいひとときになるはずです。

SWEETS

明治維新以降、日本は西洋諸国の文化を取り入れてきたことはよく知られていますが、
実はスイーツの歴史でも同じことがいえます。和菓子や地元の食文化との融合を果たし、
いまや日本独自の進化を遂げたものも少なくありません。国内外のお菓子の優れた点を上手に取り入れ、
洋菓子文化は大きな発展を続けています。フランス菓子の分類では、元々は生地を使った菓子を意味し、
クッキーやケーキなどに代表される「パティスリー」、砂糖菓子を指す「コンフィズリー」、氷菓子の「グラス」に大別されますが、
それらの文脈で全国の洋菓子をご覧いただくと、日本の洋菓子文化の豊かなバリエーションに驚かされます。
さあ、甘くて色鮮やかな洋菓子の世界へ。スイーツジャーナリストの平岩理緒さんがご案内します。

スイーツジャーナリスト

平岩 理緒さん

マーケターとして食品メーカーなどのプロモーション、リサーチを担当し、商品開発・販売促進に関わった経験を生かし、独立。菓子の基礎知識を製菓学校で学ぶ。1か月に200種類以上のスイーツを食べ歩き、雑誌やWEB、ラジオ、TV等で、スイーツを中心とする「食」の情報を発信する「スイーツジャーナリスト®」として活動。情報サイト「幸せのケーキ共和国」主催。執筆の他、セミナー講師、イベント司会、企業の商品開発コンサルティングまで幅広くこなす。

洋菓子の進化と、
ご当地スイーツの楽しみ方

日本の洋菓子のレベルは非常に高く、日本人が「お菓子の本場」と称するフランスも含め、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど世界各地から、大いに注目されています。ここ10年ほどを振り返っても、パティシエやショコラティエの世界コンクールで優勝した日本人は少なくありません。明治期以降、海外で学び、その技術や文化を持ち帰って国内の発展に尽くした人物が数多く存在しました。日本人は、異なる文化を学んで取り入れ、自分達の文化と融合させて新たなものを生み出すのが得意であるように思います。

近年、ヨーロッパ流の菓子の技術をベースとしつつ、地元産の素材を採り入れるなどして、これまでにない洋菓子作りに挑戦する例が増えています。他との差別化のみならず、根底には地元への誇りや愛情、生産者への敬意や感謝があると感じます。地域の農産物や特産物を使ったもの、歴史を盛り込んだ物語性のあるもの、地元に伝わる和菓子にヒントを得たものも面白いですね。これら「ご当地スイーツ」で大切なのは、地元以外の方にもわかりやすく伝わることです。多くの方が食べやすく、美しい、楽しい、面白いといった普遍的な“品(ひん)”を備えたものは、長く愛される「ご当地スイーツ」になるでしょう。

ANAのふるさと納税の返礼品のなかにも豊富にありますが、迷われたら、予算を決めて候補を絞るのもいい方法です。私は今回、トライしやすいものを探したいと、洋菓子カテゴリーの中で寄附額2万円未満の予算を指定し、地域別に絞り込んで候補を見ていきました。興味を引かれる返礼品に出会ったら、同じ事業者が他にもなにか出していないか、その自治体では他にどんなものが出ているかと、広げて探してみるきっかけになります。逆に、洋菓子のなかでも高額な返礼品はどんなものだろうと調べてみると、年に何回か品物が届く定期便形式のものが見つかることもあります。ANAのふるさと納税を通じて、知らなかった自治体や作り手と出会えるのは、旅行の計画を立てているかのような楽しさがありますね。

スイーツジャーナリスト

オススメ返礼品10

ANAのふるさと納税TOPへ