FEATURE OF FURUSATO 特集 カニ とろけるような旨みと甘み 冬の味覚の代名詞FEATURE OF FURUSATO 特集 カニ とろけるような旨みと甘み 冬の味覚の代名詞

タラバ、ズワイ、毛ガニをはじめ 日本が誇る、贅沢な冬の味覚に舌鼓。タラバ、ズワイ、毛ガニをはじめ 日本が誇る、贅沢な冬の味覚に舌鼓。

ぎっしりと詰まった、プリプリとした身の食感や濃厚なミソ。 国内有数の産地から自慢のカニが揃いました。ぎっしりと詰まった、プリプリとした身の食感や濃厚なミソ。 国内有数の産地から自慢のカニが揃いました。
石川県 小松市 カニ特集 北陸ブランド「加能ガニ」石川県 小松市 カニ特集 北陸ブランド「加能ガニ」
石川の海が生んだブランドガニ

「加能(かのう)ガニ」は、石川県沖で水揚げされた、9cm以上の良質なズワイガニです。平成18年に県産ズワイガニの名称を一般公募した際に「加能ガニ」と名付けられ、まさに「加」賀から「能」登までの漁港が団結したブランドの証です。漁師が品質に自信を持てるものにだけ、漁港の名称を刻印した青タグを付け、「加能ガニ」として市場へ出しています。

漁の解禁期間は、旬を迎える11月6日から3月20日の約5ヶ月間。栄養豊富な日本海で育った加能ガニの太い脚には、身がぎっしりと詰まっています。ゆで上げた身は、しっとりと甘く繊細な旨味を堪能できる上、濃厚なミソはまさに極上の味です。冬の日本海を代表する「味覚の王様」にふさわしく、贅沢なひとときをお楽しみいただけます。

イメージ
鳥取県 境港市 カニ特集 冬の味覚の王 「松葉がに(ズワイガニ)」鳥取県 境港市 カニ特集 冬の味覚の王 「松葉がに(ズワイガニ)」
蟹取県(鳥取県)の境港はカニの水揚げ日本一

「松葉がに」は水深200~400mに生息し、ぎっしりと詰まった身はプリプリとした食感で、上品な甘みと旨みを堪能することができます。なかでも甲羅の幅が11cm以上で、足がすべて揃っている「松葉がに」のみをふるさと納税でお届けしています。

7、8月を除き年中水揚げされる「紅ズワイガニ」は水深800~2000mに生息し、甲羅の色はその名の通り鮮やかな赤色をしています。身の繊維が細かくみずみずしくて甘みがあるのが特徴です。境港市は日本有数のかにの加工地でもあり、棒肉・爪肉やコロッケ、グラタンなどいろいろな加工品にして日本全国に出荷しています。

イメージ
北海道 羅臼町 カニ特集 深海に生息する 幻のいばらがに 北海道 羅臼町 カニ特集 深海に生息する 幻のいばらがに
最大水深2,000mの根室海峡が育む「いばらがに」

世界自然遺産知床の羅臼町は漁業を中心とした、水産業を産業の主力とする「魚の城下町」です。羅臼町の漁場になるのは知床半島と北方四島のひとつである国後島に挟まれた最大水深が2,000mを超える根室海峡。この深海に生息しているのが「いばらがに」です。

味も見た目もたらばがにとよく似ていて、その味もたらばがにに負けず劣らず。姿、脚、むき身、大きさ・数量など各種取りそろえていますのでお好みのものをお選びください。基本は塩味でボイルしていますので解凍後そのまま召し上がっていただけますが、ボイルと生のセットもご用意しています。生のカニは焼きガニや鍋でお楽しみください。

イメージ
石川県 加賀市 カニ特集 極上のオスズワイガニ 「加能ガニ」石川県 加賀市 カニ特集 極上のオスズワイガニ 「加能ガニ」
年中豊富な魚種が水揚げされる加賀市橋立港

石川県のズワイガニは、2006年に県内の漁協が一つに合併されたことを機に、「加賀地方」と「能登地方」の2つの地名から「加能ガニ」と名付けられました。漁場が港から非常に近いため、鮮度の高い状態でセリにかけられる橋立港産の加能ガニ。旨味が詰まった身は美味しいと評判です。

また、2018年冬の漁期は終了しましたが、香箱ガニとも呼ばれるメスのズワイガニも、オスとはまた違った美味しさを味わえます。毎年11月のカニ漁解禁の少し前から約1ヶ月の期間限定で加賀市ふるさと納税の返礼品にも登場しますので、ぜひチェックしてみてください。

イメージ
鳥取県 鳥取市 カニ特集 鳥取県産タグ付き 茹で松葉がに鳥取県 鳥取市 カニ特集 鳥取県産タグ付き 茹で松葉がに
鳥取を代表する冬の味覚「松葉がに」

最も高額な200万円で競り落とされたカニとしてギネス認定された「五輝星(いつきぼし)」も水揚げされた、カニの水揚げ量が日本一の鳥取。毎年多くの観光客がカニを楽しみに訪れます。松葉ガニはジューシーでぎっしりと詰まった足の身、濃厚でたっぷりのカニ味噌。上品な甘みと旨味が絡んだ美味しさが特徴です。

松葉がにの中でも甲羅幅11cm以上で高品質の松葉がには鳥取産を証明するタグを取り付けて市場に出荷しており、安心と信頼の品質を表す印となっています。腕利きの職人が絶妙な加減でボイルして旨みをギュッととじ込めた、贅沢なタグ付き松葉がにをお届けします。

イメージ
北海道 枝幸町 カニ特集 極上の甘みが自慢の 枝幸産毛がに北海道 枝幸町 カニ特集 極上の甘みが自慢の 枝幸産毛がに
毛がに龍漁水揚げ日本一「かにの町オホーツク枝幸」よりお届け

毎年その味を求めて全国各地からお客様が集まる、枝幸町自慢の春の味覚、毛がに。オホーツク海と北見山系から流れる栄養を享受し、流水の下で育った枝幸産毛がには、身の甘さはもちろん料理人も唸る極上の味噌が特徴です。その質の高さは全国的に有名で、市場でも最高級の評価を受けています。

流氷が去り、海明けとともに水揚げした毛がにをお届けできるのは旬の1ヶ月のみ。カニみそはもちろん、身も十分に堪能できる人気サイズ2尾のお届けです。極上の甘さと濃厚さ、ぜひご家庭で枝幸の春をご堪能ください。

イメージ
高知県 四万十市 カニ特集 土佐のツガニ高知県 四万十市 カニ特集 土佐のツガニ
最高級天然食材「ツガニ」

高級食材で有名な上海蟹の近縁種であるツガニは見た目も味も上海蟹に似ていると言われています。生きたまま潰して出汁を取ったツガニ汁は地元ならではの食べ方で、手軽に塩ゆでしても美味しくいただけます。

ツガニの最大の特徴は「ミソ」。独特のコクと旨みが詰まっており、水質の良さと餌の豊富さがゆえに、茹でると真っ赤になります。漁は9月から10月までの短い期間しか行われないため、大変希少なツガニです。四万十川で獲れるツガニを真空パックにしてお届けします。

イメージ
北海道 滝川市 カニ特集 本タラバ蟹と クラフトビールのセット北海道 滝川市 カニ特集 本タラバ蟹と クラフトビールのセット
北の流通の中心地、滝川市厳選の本タラバ蟹

滝川市は新鮮な水産品を取り扱うことができる北の流通の中心地です。札幌市と旭川市のほぼ中間に位置しており、西は日本海・北はオホーツク海・東は道東の太平洋・南は噴火湾という広い北海道の中心に位置し、物流の利便性に大変恵まれているからです。

なかでもプロの目利きが厳選し、卸売市場が自信をもっておすすめする本タラバ蟹は絶品。800gから1kgサイズの足を2肩、合計で1.6kgから2kg、平均で1.8kgのサイズをご用意しました。滝川クラフトビール工房で作られている麦芽100%の「空知ピルスナー」もセットでお届け。こだわりのクラフトビールで市場厳選の本タラバ蟹をお楽しみください。

イメージ