富山県 立山町 Toyama prefecture Tateyama Town

雄山頂上
立山三山の一つ、雄山頂上と、八月の青空
立山町地図

立山町について

みくりが池と三山

そびえる霊峰立山。内に極楽浄土と地獄を抱え、その豊かな恵みと信仰文化でこの町は創られました。

「立山曼陀羅」にも描かれ信仰の対象であった立山は、時と共に立山黒部アルペンルートに代表される類を見ない雄大な国際観光地として発展してきました。その一方でラムサール条約に登録される湿地帯や国内初の現存氷河など手つかずの自然も共存し、立山がもたらす水は肥沃な大地をつくり豊かな食を生みました。この全てが、立山町です。

ワンストップ特例申請について

立山町では12/27までに決済を完了した方に申請書類をお送りいたします。

返礼品

価格帯 :
カテゴリー :

使いみち

立山駅前ロータリーの無電柱化

①立山駅前ロータリーの無電柱化

立山黒部アルペンルートの玄関口である立山駅前ロータリーの景観を改善するとともに、災害時に電柱が倒壊し救助活動の妨げにならないようにすることを目的とし、無電柱化を実施します。

国立公園立山の環境整備

②国立公園立山の環境整備

・登山者の安全を守るために登山道や標識等の整備
・立山の生態系を壊さないために外来植物の侵入防止と除去等環境保護

八郎坂朽ちた標識

③「米百俵基金」財源

明治初期、困窮する長岡藩に届けられた米百俵。当時の指導者は当座しのぎではなく、人づくりのため学校設立資金にしました。立山町も未来の人材を育成します。
・就学支援補助の財源として米百俵基金を設置

講義風景

④ここにしかない伝統・文化を後世に伝える

古来、女人禁制だった立山。登拝できない女性の極楽往生への願いを救う「布橋灌頂会」。今も三年に一度あの世とこの世をつなぐ布橋を女性のみが渡る儀式を行なっています。
・布橋灌頂会の開催継続

布橋灌頂会

⑤富山地方鉄道立山線の利用促進と駅舎、沿線景観・環境整備

地鉄立山線は、通勤・通学の足であり、アルペンルートの玄関口立山駅を終着駅にもつ観光の足でもあります。
・駅舎、花壇、駐車場整備
・動く美術館(電車内で町民の絵や写真展示)
・電車に手を振ろう「多手山プロジェクト」開催

お問合せ

返礼品や発送等については下記までお問合せください。

担当 ふるさと納税お問い合わせセンター
住所 〒930-0292
富山県中新川郡立山町前沢2440番地
立山町役場 企画政策課 企画広報係
電話 0120-977-050
※9:30~18:00(土日祝・12/29~1/3を除く)
メール お問い合わせはこちらまで
(クリックするとお問い合わせフォームが開きます)
URL 立山町ホームページ
http://www.town.tateyama.toyama.jp/pub/
寄附証明書の送付時期目安 入金確認後2~4週間